Interview

3ヶ月でVERSANT総合点15点向上、高い技能習得の裏には約14万文字の質疑応答。

By 2022年8月25日9月 6th, 2022No Comments
https://www.youtube.com/watch?v=Jox6R5-rIH0&list=PLdGJJ6BBahVodCt3Cet2bDmDSiRVJoE5G&index=1

スコア向上の鍵は質問力
3ヶ月で「流暢さ」

22点向上

不明点を放っておかず、腹落ちするまで、質問を繰り返す。
3ヶ月で総合点15点伸ばした、Hasegawa様の体験談。

Q1. VERSANTを学習しようと思った経緯についてお聞かせください。
仕事上、アメリカ人やイギリス人との会議が時折ありますが、会話は通訳者を介しています。

3年以上英語学習を真面目に継続しており、TOEIC LRの点数は上がり、英検準1級も取得し、海外旅行もほぼ困らなくなりました。

ただ、ビジネスとして使用するには、まだまだスピーキングやリアルでのリスニング力は不足していることを痛感しており、VERSANT学習を開始しました。

Q2. 他社英語コーチングで1年学習された後にThe Pastにご入学頂きましたが、決めたきっかけは何だったのでしょうか?
発音やリズム向上が狙える他社サービスや別コーチングスクールとも比較しましたが、無料カウンセリング時の担当者の説明に強い納得感と、教育における熱い心が感じられたためです。

そしてそれは実際の授業でも実現されていました。

Q3. 実際に大手コーチングの後に受講された率直な感想はいかがでしょうか?
良い意味で驚きました。

以前のスクールでは物足りなかった日本人コーチの説明にきちんと腹落ち感があったためです。過去、他社の先生によってはこれはこういうものですと、質問を封殺されることもありましたが、納得いくまで議論を重ねられました。

上記によって、学習意欲や学習品質が高まり、受講期間中(5-7月)は学習記録をつけはじめてから数年で、最高記録の学習時間となりました。

学習時間

チャットでのやり取りは、述べ13万9千文字超(事務連絡を含む)、原稿用紙、約350枚文の質疑応答があった。

本人談:他のスクールはここまではやってくれないため、感謝しかない。

総合点15点向上

流暢さ、過去最高の22点UP

Q4. 沢山「なぜ?」と問いかけて頂いたおかげで、知識・感覚ともに本当に深い所まで習得されましたね。その結果、大幅なスコアアップとなりましたが、感触はいかがでしょうか?
The Pastから提供されるVERSANTテストに直結する多くの課題を、何度もやりこむことができたのが、大きなスコアアップにつながったと考えています。

リスニングと発音スコアの大幅アップについては、日本人コーチの添削やフィリピン人講師の細かい矯正による理由が大きいです。

正直、発音については個人座学でかなり意識して学習しており、他社のオンライン英会話でもチェックは受けておりましたが、The Pastの精密な発音フィードバックは他社に比べても非常に価値が高いメソッドだと感じました。

日本人の良くない癖(会話中、あ~、と言ってしまったり、考え込んで黙ってしまったり)が少なくなることで、間違えているとしても自信をもって解答できるようになりました。

3ヶ月のスコア推移、総合点歴代2位の伸び

本人談:入学時がもともと低くないスコアのため、実質1位と思いたい笑

Q5. 他社との日本人コーチの違いは何でしょうか?メリット・デメリットを教えてください。

メリット

The Pastの日本人コーチは、学習習慣形成のための応援ではなく、専門性をもった先生に近い印象です。

細かな発音の誤りを、発音記号を使って日本語で教えてくれました。それによって、発音技能が伸び、あやふやな部分もあった発音記号も意識して読めるようになりました。

ネイティブ講師は当然発音は完璧ですが、発音をロジカルに説明できません。
ノンネイティブ講師は発音は学習によってネイティブに近づくことができ、さらに発音をロジカルに説明できます。

The Pastの講師陣は良いところ取りの力があると感じています。

デメリット

以前通っていたコーチングに比べると、応援の頻度は少ないかもしれません。
毎日「今日の学習状況どうですか?」のような確認はなく、The Pastでは、あくまでも課題や質問に対する毎日のやり取りです。

ただ、質問解答の品質は高く、また私の場合は尻を叩かれ続けたり、学習状況の詳細を見張られることはストレスであり、学習習慣はすでに身に付いていたため、非常に相性の良いレッスンでした。

英語コーチ役割の違い

Hasegawa様を始め、コーチング他社の卒業生からお寄せいただく日本人コーチの役割の違いです。

The Pastにおける日本人コーチの役割の主軸は、学習計画の策定と課題添削・指導による英語技能の向上です。
学習の疑問や、発音技能、VERSANTのテクニックまで、日本語で説明・指導・課題添削することで、外国人講師とのレッスンとの相乗効果をはかります。

そのため「お早う御座います、本日も勉強頑張りましょう!」等の応援はありません。
あくまでも、課題添削や英語に関するご質問への回答が基本となるため、週次の課題にしっかりと取り組んで頂ける方には、大変有意義なプログラムになりますが、毎日の応援がなければ学習が継続できない方には不向となります。

Hasegawa様のよう、本気で3ヶ月学習に取り組んで頂ける方のプログラムご参加をお待ちしております。

高い発音技能がついた後は、

自由度の高いスピーキング演習へ

Q6. さらなるスピーキング技能向上のため、通訳学校に通われていますがいかがでしょうか?
The Pastで発音・流暢さを高め、スピーキングの意識改革は成功したため、自由度の高いスピーキング力を手に入れるため通い始めています。

通訳トレーニング自体には、満足していますが、受講生・講師ともに、発音が日本人的で驚きました。私もネイティブに比べればもちろんまだまだですが、通訳学校に行って、自身の発音・流暢さの向上に改めて気づくことができました。

卒業後の現在は日>英のスピーキング強化に努めていますが、改めてThe Pastに通うことも検討しています。

Q7. 最後に、The Pastの受講を検討している方にメッセージをお願いします。
検討しているのであれば、品質・費用の両面から通うことを強くお薦めします(バックマージンはゼロです笑)。

費用は他校の高額なコーチングスクールに比べるとかなり安く、発音における授業の品質はThe Pastの方が高品質でしょう。

高額コーチングスクールの利点は、単語を厳しく覚えさせられたり、TOEIC問題を多く学習したり、と尻をたたかれ続けられることが主となりますが、学習習慣作りはThe Pastの日々のサポートでも十分であり、最終的には本人次第です。

私はVersantテストをThePast受講前にも数回受けていましたが、学習しているにも関わらず点数が向上せず、自信を失っていました。正直なところ、学習経験が多かった分、受講前には不安視していましたが、点数を短期間で大きく伸ばすことができました。

私が受講したのはVERSANTコースでしたが、TOEICコース(キキトリ)でも素晴らしいメソッドがあることを確信しています。

検討しているみなさまにも私と同じ成長の気持ち良さを味わっていただきたい、ということで締めの言葉といたします。

ThePastの講師のみなさま、ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

説明会?いいえ、無料のVERSANT課題技能診断テストです。

Test Your English

The Pastの無料カウンセリングは、VERSANTの課題技能診断テストです。
ヒアリング10分、英語試験20分、課題分析・フィードバック10分、The Pastの説明10分と、カウンセリングの8割が英語学習の課題解決にあてられます。
VERSANTスコアの伸び悩みを感じたら、まずはお気軽にご相談ください。

カウンセリングに参加する

株式会社The Past

福岡市中央区大名2丁目6−11 Fukuoka Growth Next

T: +81 (0)50 5806 5418
E: info@thepast.jp

まずは無料カウンセリング
まずは無料カウンセリング